メインイメージ画像

鍵のことなら専門店に相談しよう

鍵をなくしたらどう対応するのが最良か。まずは警察に連絡することが堅実な対応のひとつであります。警察に関しては、インターネット上でもデータが公開されています。電車やバスなどの機関でも心当たりがある時は届出をすることをお勧めします。

しかしすべての状況で鍵が見つかるとは限りません。そうなってしまったら活躍されるのが鍵の専門業者です。

たとえば家の鍵をなくしてしまった場合、なかなか出てこなくて、不安な日常をいつまでも送るぐらいならば、いっそのことさっとキーシリンダーを交換してしまいましょう。費用は様々ございますが、自宅の場合には近所の鍵の専門店で問題ないと思います。マンションの場合には指定の鍵屋さんでないといけない場合がある。連絡を不動産業者にして取り扱っていただくことをお勧めします。気を付けてほしいのは、鍵屋さんに注文したからといって、すぐさま交換してくれるとは限りません。

場合によっては、頼んでから商品が届くまで、1〜2週間はかかる場合があります。不安な暮らしを続けるぐらいなら、さっさと交換したほうが良いと思い自分で交換することも可能であるが、鍵はやはり専門家に任せた方が良いと思います。

最近では警備会社に警備をお願いしている方、マンションにお住まい方で警備会社に1本鍵を預けているサービスがございます。シリンダーの交換をしたら警備会社にも新しい鍵を1本預けておく必要性があります。警備会社は素早く来てくれて、当日に鍵を取りに来てくれますので安心して警備会社に依頼できます。



車の鍵を失った場合はどのよう対応すべきか?ディーラーに頼めば確実ですが、10万近い費用になる場合があります。急を要する場合は、最寄りの鍵業者に頼みましょう。PC、携帯やタウンページなど、探す方法はたくさんありますが面倒な人はJAFに電話して業者を教えてもらうのも手です。鍵の専門業者にたのむよりスペアの鍵を取りに戻るほうが安く抑えられます。スペアがある場合には、鞄や車の中にいれないでちゃんと家出管理することが一番だと思います。